腸内フローラとは

私たちの腸内には腸内細菌と呼ばれるいくつもの種類の細菌で構成されています。

種類の数で言うと300種類以上とも言われており、数で言うと100兆個の細菌が腸内にはびっしりと詰まっています。

腸内細菌を大きく3つに分けると

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

この3つの腸内細菌が種類ごとに群れていく、群生する花畑のようであることから腸内フローラと呼ばれています。

善玉菌は優勢になると腸内環境を整えてくれる良い菌で、悪玉菌は優勢になると腸内を悪化させる悪い菌、そして最後に日和見菌は優勢なほうの働きをする菌です。

便秘を解消するためには腸内環境を整えてくれる善玉菌優勢の状態でいることが大切です。

腸内フローラのバランス

腸内細菌の量は常に一定のため日々善玉菌、悪玉菌、日和見菌は毎日陣取り合戦のようなことをしているわけです。

健康的な人の腸内は善玉菌優勢の状態を維持し続けている人ですが、ストレスや加齢、生活習慣、食生活などによって悪玉菌優勢に変化します。

悪玉菌が優勢になれば腸内は腐敗し、有害物質を発生させ腸内環境を悪化させます。

この3種類の腸内細菌のバランスは日々変化するため自分自身の生活習慣や食生活を改善することで善玉菌優勢の状態を維持することが大切です。

腸内細菌は人に大きく違う

腸内細菌の比率や種類は人によってそれぞれ違います。

しかしながら健康的な腸内細菌の比率は善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割であると言われています。

日和見菌が7割と多いことにびっくりしますが、日和見菌が善玉菌の量を一定に保ち、悪玉菌を抑える働きをしています。

腸内フローラはデリケート

腸内フローラには無数のの腸内細菌が毎日のように陣取り合戦をしている状況です。

そのためちょっとしたストレスなどが原因で悪玉菌優勢に傾くことがあります。

このように腸内フローラは非常にデリケートなためストレスの他、加齢、食事、運動不足、薬などの影響をすぐに受けてしまいます。

加齢などは仕方がないことですが、他の原因を解決していき善玉菌優勢の腸内環境を作っていきましょう。

年齢を重ねると悪玉菌が増えていき、老年期になるとビフィズス菌が減少していくため仕方のない部分もあります。

しかし年齢に関係なく腸内環境を悪玉菌優勢にしておくのではなく、善玉菌優勢の腸内環境を作る努力をしていくことが大事です。

オリゴ糖で便秘解消
運動や生活習慣の改善はもちろんの事、平行して便秘改善にサポートしてくれる食品を摂取していきましょう。