定番のヨーグルトで便秘解消

ヨーグルトが便秘解消に効果的なことは有名ですが、ヨーグルトの実力を最大限に引き出す方法や基本的な部分などを紹介していきます。

ヨーグルトが便秘に効果的な理由

ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌が豊富に含まれている食品です。

この乳酸菌やビフィズス菌は腸内環境を整え、免疫力を高める効果があるため便秘解消に良い食品とされています。

乳酸菌やビフィズス菌は腸内環境を整える善玉菌なので、ヨーグルトを食べると善玉菌の数を増やすことができ善玉菌優勢の腸内環境を作ることができます。

他にもヨーグルトには脂肪、ビタミンB、タンパク質、カルシウムが含まれており、便秘だけではなく人間の健康に良い食品です。

ヨーグルトを食べることは便秘はもちろん、健康的にも良いことなので積極的に食べることはおすすめです。

自分に合ったヨーグルトの選び方

なんとなく便秘ならヨーグルトを食べておこうかという人は多いと思いますが、人によって合うヨーグルトと合わないヨーグルトがあります。

それは人によって腸内細菌が違うためです。ヨーグルトによっても含まれている乳酸菌が違うため合わない場合はあまり効果が出ないことがあります。

しかし基本的には下記のような基準でヨーグルトを選ぶことがおすすめです。

  • トクホマークのヨーグルトを選ぶ
  • 生きたまま腸に届くヨーグルト

ヨーグルトの乳酸菌は胃酸などによって腸に届く前に死んでしまうことがあります。

腸に届くまでに死んでしまってももちろん効果がありますが、生きたまま腸に届く方が効果が高いです。

生きたまま乳酸菌を腸に届けるためにはプロバイオティクスと呼ばれる菌が含まれている必要があります。

トクホマーク(特定保健用食品)が付いているヨーグルトはこのプロバイオティクスが含まれているためトクホマークが付いているヨーグルトを選ぶと分かりやすいと思います。

またトクホマークは厚生労働省がお腹の調子を整える効果があることを科学的に立証しているという意味が含まれています。

ヨーグルトを食べるタイミング

ヨーグルトを便秘に対して効果的に食べるには食べるタイミングも重要になります。

ただ適当なタイミングでヨーグルトを食べてももちろん便秘に効果はありますが、効果を上げるためには食後に食べることが理想です。

と言うのも食前にヨーグルトを食べてしまうと胃酸によって乳酸菌が溶けて生きたまま腸に届きにくくなっています。

しかし食後なら食べた物が胃の中に入っているため胃酸の働きも弱くなっていてヨーグルトに含まれる乳酸菌も生きたまま腸に届きやすくなります。

また蠕動運動が起こりやすい朝にヨーグルトを食べるとより効果的です。

ヨーグルトに即効性はない

ヨーグルトを食べたり飲んだりしたからと言ってすぐに効果を求める人が多いですが、便秘薬や下剤のように即効性はありません。

あくまでもヨーグルトは便秘を改善していき、次に便秘の症状を出にくくするというイメージです。

便秘を治したりすぐに排便したくなるというものではありません。長期的に腸内環境を改善し整えるといったものなので勘違いしないようにしましょう。

オリゴ糖で便秘解消
運動や生活習慣の改善はもちろんの事、平行して便秘改善にサポートしてくれる食品を摂取していきましょう。