意識して水を飲んで便秘解消食べ物

秘になると毎日水を飲むと効果があるというのはよく知られていることだとは思いますが、実際水を飲むことは人間の体にとって非常に大切ですし便秘を解消するためには必要なことです。

そもそも人間の体には毎日3リットル~4リットルの水が必要だと言われています。

しかし食べ物の水分量を含めて3リットル~4リットルなので実際に飲料としては1.5リットル~2リットルの水を飲んでいれば十分です。

どうでしょうか?毎日の生活の中で水をどれくらい飲んでいるでしょうか。

便秘を解消するためには意識的に水を飲んでいくことが便秘解消に繋がるため実践していきましょう。

水で腸に刺激を与えてあげる

水が何故便秘解消に効果があるのかと言うと、水を飲むと胃・結腸反射が高まることが分かっています。

胃・結腸反射とは簡単に言えば水を飲むことによって腸に刺激を与えてあげて腸の動きを活発にしてあげるというものです。

腸が活発に動くことによって血液の質が上がり便意をもたらし便秘になりにくい腸内環境を作ってくれます。

朝起きたらまずコップ一杯の水200ミリリットル程度を飲んでください。

200ミリリットル程度飲むと水で大腸が押されて重りになるため便が出やすい環境を作ってくれます。

朝水を飲むことは胃腸を活発にすることと、脱水症状を防ぐ2つの役割があります。

意識して水を飲むことで副交感神経を高める

腸の働きをコントロールしているのは自律神経で、自立神経の中でも副交感神経が腸の働きに大きく影響しています。

自律神経が乱れると腸の働きは鈍化し、血流の流れも悪くなり便秘や他の病気にもなりやすくなります。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、リラックスをしている時などは副交感神経が優位に立っています。

副交感神経が交感神経よりも優位に立っている時に血管が拡張するため血流の流れが良くなります。

近年ストレス社会のため交感神経が優位に立っている人が多く、血流の流れが悪く便秘以外にも様々な病気の引き金になっています。

話はそれましたが副交感神経を高めるためには水を飲む際にも「意識して水を飲む」というのが自立神経のバランスを取るのに効果的です。

「体中に水分がいきわたり胃腸が活発に動き出し血流が良くなっている」とイメージしながら水を飲むことによって数値的に大きく変わってくるのです。

自律神経はそんなちょっとした人の意識と密接な関係があるため、たかが水を飲むという動作だけではなく意識しながら水を飲むというのを実践してみてください。

オリゴ糖で便秘解消
運動や生活習慣の改善はもちろんの事、平行して便秘改善にサポートしてくれる食品を摂取していきましょう。