話題のラクトフェリンで便秘を解消食べ物

便秘への効果や様々な症状に効果があるラクトフェリンが話題となっていますが、ラクトフェリンとはどのようなものなのでしょうか。

ラクトフェリンを効果的に摂取していき頑固な便秘を解消していきましょう。

まずはラクトフェリンについて詳しくみていきましょう。

ラクトフェリンとは

ラクトフェリンとは鉄結合性の糖たんぱく質で、その多くは哺乳類の母乳に含まれています。

他にも涙や唾液、血液にも含まれているものです。

出産後の母乳の多く含まれており、免疫力の低い子供に対して免疫力を高める作用や外部からの細菌やウイルスから守ってくれます。

また大人がラクトフェリンを摂取しても同様に免疫力を高める効果、そして整腸作用など様々な効果があります。

ラクトフェリンは主にヨーグルト、サプリメント、粉ミルク、チーズとして商品化されているため手軽に摂取することができます。

ラクトフェリンの効果

ラクトフェリンのには以下のような効果があります。

  • 内臓脂肪、コレステロールを減らすダイエット効果
  • 整腸効果
  • 歯周病予防
  • 免疫力を高める効果

内臓脂肪、コレステロールを減らすダイエット効果

そして便秘の人が多い女性にとって嬉しいのがラクトフェリンによる効果によって中性脂肪とコレステロールを減少させるダイエット効果です。

ラクトフェリンは脂肪を覆うペリリピンの量を減らし、酵素リパーゼを活性化させることによって内臓脂肪の分解を促進してくれます。

またラクトフェリンは新たに脂肪がつくことや脂肪の蓄積を抑制してくれることからダイエットに効果があるとされています。

まとめるとラクトフェリンは今ある脂肪を減らし、新たに溜まろうとする脂肪をも溜まりにくくする効果があります。

あまり運動をしていない方など、体脂肪を気にしている人はラクトフェリンはおすすめです。

整腸効果

特に便秘の人にとってありがたいのが整腸効果です。

ラクトフェリンには腸内の善玉菌を増やす働きがあり、悪い働きをする悪玉菌を抑制する効果があります。

そのため善玉菌優勢の腸内環境を作ってくれ、便秘を改善してくれます。

歯周病の予防

ラクトフェリンが歯周病に効果があるというのは意外と思う人も多いのではないでしょうか。

歯周病の進行や原因となるLPSという毒素の活性化を防いでくれるため、ラクトフェリンが歯周病に効果があることが証明されています。

また歯周病の原因となるLPSは血中に入ると中性脂肪やコレステロールに悪影響を与える酸素に影響をもたらしメタボの原因になることが分かっています。

そのためラクトフェリンは歯周病の予防と同時にメタボの予防にもなっているということになります。

免疫力を高める効果

腸は人間の免疫の要となる部分ですから、腸内環境を善玉菌優勢にするだけでも人間の免疫力は高まります。

しかしそれだけではないのがラクトフェリンの効果で、白血球の一種マクロファージが細菌やウイルスを食べる働きがあり免疫力を高めてくれます。

また腫瘍細胞を拒絶するNK細胞を増殖させる効果があり、がんの予防にも繋がっています。

ラクトフェリンによる免疫力を高める効果はデトックス効果があるため、肌荒れ防止や美肌効果があります。

ラクトフェリンの1日の摂取量と摂取方法

ラクトフェリンが含まれた商品は最近では多く出てきましたが、商品としておすすめなのがヨーグルトとサプリメントです。

ヨーグルトにはラクトフェリン以外にも乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれているため便秘に効果があるからです。

サプリメントは手軽に摂取できるうえ、ラクトフェリンの目安量を簡単に摂取できるからです。

ラクトフェリンの1日の目安量は0.3gです。

商品にもよりますが、100g程度のラクトフェリンヨーグルトにはラクトフェリン0.1g入っているためおよそ3つ分です。

また摂取方法にも気をくばるとより効果が期待できます。

ラクトフェリンは就寝中に最も効果を発揮するため寝る前にラクトフェリンを摂取するといいでしょう。

そう考えるとヨーグルトなどの食べ物や飲み物での摂取は難しく、サプリメントがおすすめです。

実際食べ物や飲み物にはラクトフェリンは少ししか含まれていないため量が必要です。

しかしサプリメントだと手軽に摂取できますし、ラクトフェリンの量、効率、お金、効果で考えるとやはりサプリメントがおすすめです。

オリゴ糖で便秘解消
運動や生活習慣の改善はもちろんの事、平行して便秘改善にサポートしてくれる食品を摂取していきましょう。