食物繊維豊富なごぼうで便秘解消食べ物

食物繊維が豊富

あまり知られていないですがごぼうは食物繊維が豊富の食材で100gあたり5.7gもの食物繊維が含まれています。

食物繊維の1日の摂取量の目安はおよそ25gですから、大体100gで目安量の20%を摂取することができます。

食物繊維は腸を刺激し、便通を良くする効果や、コレステロール低下させる働きがありますので便秘解消に効果があります。

またごぼうに含まれている食物繊維は「イヌリン」と呼ばれる不溶性食物繊維です。

このイヌリンは非常に水分の吸収力が強く、便から腸壁に水分が漏れないようにする働きがあるので水分などで便の量が増え、腸壁が刺激され蠕動運動を活発にし便通が良くなり排便を促します。

イヌリンの注意点として水分の吸収力が高いため腸壁から水分を奪い過ぎてかえって悪い刺激を与えることがあるので水分を多めに飲んでおくようにしましょう。

オリゴ糖も含まれている

なんとごぼうにはオリゴ糖も含まれており、100gあたり3.6gも含まれています。

オリゴ糖1日の摂取量の目安は大体5g~8gと言われており、半分以上ものオリゴ糖が100gのごぼうから摂取できるということです。

オリゴ糖は腸内で乳酸菌やビフィズス菌の餌となり悪玉菌の量を減らし、蠕動運動を活発にすることから便秘解消に効果があります。。

便秘以外にも健康に役立つ栄養素がいっぱい

ごぼうにはオリゴ糖や食物繊維など便秘解消に効果的な栄養素が豊富に含まれています。

しかしごぼうには他にも健康的な栄養素がまだまだ含まれており、ごぼうの渋み成分のタンニンも含まれており、タンニンにはコレステロールを正常にする働きがあります。

また高血圧を予防するカリウム、骨を強くするカルシウムや鉄、リンなど私たちが健康でいるために必要な栄養素がバランスよく含まれています。

食べ過ぎには注意

ごぼうは食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれているため便秘に効果があることは間違いありませんが、食べ過ぎには注意してください。

ごぼうに含まれている食物繊維は主に不溶性食物繊維です。もちろん水溶性食物繊維も含まれていますがわずかです。

不溶性食物繊維は水に溶けずに腸内の水分を吸って膨らみます。

そのため食べ過ぎると水に溶けないため消化されずに腸に不溶性食物繊維が溜まっていき、便の水分をも奪い硬い便が詰まってしまうことから腹痛や便秘の悪化に繋がります。

なので不溶性食物繊維ばかり摂取するのではなく水溶性食物繊維や水分をバランスよく取るようにしましょう。

オリゴ糖で便秘解消
運動や生活習慣の改善はもちろんの事、平行して便秘改善にサポートしてくれる食品を摂取していきましょう。