コーヒーが与える便秘へのメリットとデメリット

コーヒーを飲んで数分後には便意を感じて排便した事がある人も多いのではないでしょうか。

私はコーヒーを飲むとすぐにトイレに行って排便してしまいますが、コーヒーが便秘に良いと言われている理由と逆にコーヒーは便秘の原因になるという意見があります。

どちらも間違っていないですが、コーヒーの飲み方を間違わなければコーヒーは便秘の効果的な飲み物です。

コーヒーが便秘に効果的な理由

コーヒーに含まれている成分には便秘の効果的な以下のような成分が含まれています。

  • カフェイン
  • オリゴ糖
  • 乳製品

まずはコーヒーと言えばカフェインですよね。

カフェインには胃の動きを活発にする働きや、胃の収縮を助ける作用があるため便秘に効果があります。

カフェインの摂りすぎには注意し、毎朝コーヒーを飲むことがおすすめです。

オリゴ糖に関しては何かと便秘に効果があると騒がれていますが、コーヒーにもコーヒーオリゴ糖と呼ばれる成分が含まれています。

コーヒーオリゴ糖はコーヒー豆のカスから抽出されており、砂糖よりも低カロリーでコーヒーの甘味料として使われています。

コーヒーオリゴ糖は腸内で善玉菌の餌となり善玉菌優勢の腸内環境を作ってくれ、腸内の動きを活発にしてくれます。

そのため便秘に効果があります。

最後に乳製品とはコーヒーと言ってもカフェラテやカプチーノ、カフェオレなどの乳製品が含まれているものは特に便秘に効果的です。

乳製品には腸内の動きを活発にする働きがあるためです。

一部の乳製品が含まれるコーヒーには乳酸菌も含まれているためさらに便秘に効果的です。

できればアイスコーヒーやホットコーヒーではなく牛乳などの乳製品が入ったコーヒーの方が便秘には効果があります。

コーヒーのデメリットクロロゲン酸とは

コーヒーが便秘に悪影響だと言われる理由は、コーヒーに含まれるクロロゲン酸と呼ばれる成分のせいです。

クロロゲン酸とはポリフェノールの一種で、胃腸の働きを抑えてしまう作用があるためです。

特に腸の動きが悪くて起こる弛緩性便秘の人はコーヒーによってさらに便秘の症状が悪化するケースがあります。

しかしクロロゲン酸はコーヒーには少量しか含まれていないため、普通にコーヒーを飲んでる程度では問題ありません。

一度に大量のコーヒーを飲んだり、毎日ひっきりなしにコーヒーを飲んでいる人は注意してください。

毎日3杯ぐらいを目安にコーヒーを飲むと便秘に効果的です。

コーヒーによる水分不足

コーヒーには利尿作用があるので、コーヒーを飲んでからすぐにおしっこに行きたくなる人は多いと思います。

そのため体内で水分を溜め込むことができず、便を軟らかくして排便しやすくする水分が不足して便秘になってしまうことがあります。

まとめると

コーヒーには便秘に効果的なオリゴ糖、乳製品、カフェインが含まれており、便秘解消に効果的な飲み物と言えます。

しかし便秘に悪影響を及ぼす成分や作用もあります。

ですが悪影響を及ぼす成分は少量のため、量を取りすぎなければ問題ありません。

コーヒーは便意を感じやすい朝に飲むことがおすすめで、毎日3杯ぐらいを目安にコーヒーを飲むと便秘解消に繋がります。

オリゴ糖で便秘解消
運動や生活習慣の改善はもちろんの事、平行して便秘改善にサポートしてくれる食品を摂取していきましょう。