便秘と痔

便秘と痔には深い関係があり、便秘の人は痔になりやすい傾向にあります。

便秘によって強くいきむことによって肛門に負担をかけること、下痢によって肛門に圧力をかけていることが便秘による痔の原因です。

ではもうすこし詳しく見ていきましょう。

便秘による痔の原因

まず痔には3種類あり

  • 切れ痔
  • いぼ痔
  • あな痔

上記の3種類の痔があります。

特に便秘が原因でなりやすいのがいぼ痔です。

いぼ痔は便秘によって硬い便などを強くいきむことによって肛門に負担をかけ、肛門周囲の血管や結合組織いぼのように飛び出ます。

そしていぼ痔は内痔核と外痔核に分けられ、内痔核は出血や脱出の症状があり、外痔核は激痛を伴います。

その次になりやすいのが切れ痔です。

切れ痔は便秘によって水分が失われた硬い便が出るときに肛門が切れて出血と激痛の症状がでます。

内痔核になっている人は肛門が傷付きやすい状態になっているため合わせて切れ痔にもなってしまう人が多くいます。

あな痔は肛門腺に膿が溜まっているため、膿の原因を早く取り除かないと肛門がんになる可能性があるため早急に病院に行ってください。

痔を悪化させる原因は便秘、下痢、ストレス、冷え、飲酒、肉体疲労、免疫力の低下です。

これらから身を守るような生活習慣や食生活を心がけることが痔の対策方法です。

下痢による痔の原因

下痢も痔の原因となります。

下痢のような軟らかい便が何故痔の原因になるのか不思議な感じですが、下痢のような水様便は肛門に想像以上の圧力をかけており、さらに肛門の鼓膜の炎症を引き起こします。

そのため切れ痔、いぼ痔、あな痔全ての原因となっています。

下痢による痔を防ぐ対策方法として食べ過ぎ、冷え、ストレスを溜めないことが大切になってきます。

痔じゃなくて病気かも

排便をした際に肛門から出血していて「切れ痔かな?」なんて軽い気持ちでいると取り返しのつかない病気の可能性もあります。

肛門からの出血は痔以外にも大腸がんや潰瘍性大腸炎、大腸ポリープといった病気の可能性も考えられます。

そのため肛門からの出血や便秘、下痢を繰り返す場合は念のため病院で診察をしてもらった方がいいでしょう。

オリゴ糖で便秘解消
運動や生活習慣の改善はもちろんの事、平行して便秘改善にサポートしてくれる食品を摂取していきましょう。