便秘と冷え性

便秘で悩んでいる人の中には冷え性も同時に発症している人が多くいます。

あまり便秘と冷え性は関係ないと思われがちですが、冷え性の人は便秘になりやすくなっています。

女性に多く見られる冷え性ですが、便秘も男性よりも女性に多いため深く関係していることがよく分かります。

では便秘と冷え性の関係について詳しく見ていきましょう。

便秘と冷え性の関係

冷え性が体に良くないというのはみなさん承知の事実ですが、冷え性の人の体は血流の流れが悪く、胃や腸をはじめとする消化器官の働きが鈍くなっています。

また体の冷えは体の新陳代謝を悪くし、イライラ、生理不順、頭痛、肩こりといった症状も引き起こしやすくなります。

他にもホルモンバランスを乱し、便意を感じにくくなります。

このような理由から冷え症の人は便秘になりやすいです。主な原因は血流の流れが悪くなっているためです。

実は冷え性は腸も冷えている

冷え性は主に手や足先が冷えていると実感する人が多いと思いますが、実はふくらはぎや太もも、腸も冷えています。

腸が冷えてしまうと腸の機能も弱くなってしまい、蠕動運動による便を出すという機能自体も鈍くなってくるため便秘になりやすくなります。

腸の冷えは栄養や水分を吸収する消化器官の機能が低下するため便秘だけではなく下痢の症状も出てきます。

そのため下痢と便秘を繰り返すような人は腸が冷えている可能性があります。

腸の冷えは足の冷えからくるものなので足の冷えを改善してやることが大切です。

足の冷えの改善方法

足の冷えは腸だけではなく全身の冷えに繋がるため冷え性の人は注意してほしいところです。

足の冷えは簡単なマッサージや動作、入浴方法、食べ物で改善していくことがおすすめです。

まず冷え症に効果的な入浴方法として熱めのお湯に浸かるのではなく、ぬるま湯に長時間浸かることが冷え性に効果的です。

ぬるま湯に長時間浸かることが体の芯から温まることに繋がります。

そして冷え性を改善するには日頃の食生活が大切で、内側から改善していくことがポイントです。

冷え性におすすめの食べ物はずばり生姜です。

生姜の取り方は自由ですが、細かく切っておくと色んな料理に使いやすいと思います。

腸と足の冷えを改善する簡単動作

最後に足の冷えを改善して血流の流れを良くする簡単動作を紹介します。

毎日この簡単動作を行うと血液の循環が良くなり腸と足の冷えが解消されて便秘解消に繋がりますので是非実践してみてください。

  1. 立って左手親指でS状結腸を下方へ押圧する
  2. 親指に力を入れたまま左足を上げ10秒キープする
  3. これを1日5セット

S状結腸の位置は左脇腹、腰骨の右側辺りを力を入れて押してあげるとS状結腸に刺激が伝わります。

そしてイスなど何かにつかまりながら左足を上げて10秒キープします。

体のバランスが真っすぐなることを意識することが大切です。

トイレなど椅子に座りながらでも効果があるため立ってやるのが辛い方は椅子に座りながら実践してみてください。

オリゴ糖で便秘解消
運動や生活習慣の改善はもちろんの事、平行して便秘改善にサポートしてくれる食品を摂取していきましょう。