妊婦と便秘の関係

妊婦は便秘になりやすい

妊娠すると妊娠していない以前までの体とは全く違い、様々な体の不調や変化が見られます。

便秘も妊婦の体の変化で、妊娠すると便秘になりやすくなったという話をよく聞きますが妊婦が便秘になりやすいのは事実です。

妊婦が便秘になりやすい原因はいくつかあります。

プロゲステロンの増加

妊婦中は便秘になりやすいのにはまず女性ホルモンの増加にあります。

妊娠中は女性ホルモンであるプロゲステロンが増加し、プロゲステロンが増加すると腸の動きを抑える働きがあるからです。

またプロゲステロンは妊娠を維持させる効果があるのですが、妊娠状態の時は体に栄養を蓄えようとするため体全体の代謝が悪くなり便秘にもなりやすいというわけです。

水分も体に蓄えようとするため排便の際に便に水分がいかないため硬い便になりやすく、排便の際にも出にくくなっています。

つわりと食生活の影響

妊娠初期は特に酷いつわりによって食べられないという妊婦の人も多いようです。

そのため食生活に変化が生まれ、必要な食物繊維と水分を摂取できずに便秘になりやすい傾向があります。

疲労と精神的な疲れの影響

妊娠中は今までと体調や生活習慣などが大きく変わり、肉体的疲労と精神的疲労を感じる人は少なくありません。

肉体的疲労と精神的疲労が溜まると自律神経が乱れ、腸の働きが鈍くなり便秘を引き起こしやすくなります。

周りの人のサポートや適度なストレス解消法によって疲れを溜めないようにすることがポイントです。

運動不足

妊娠中は運動不足になりやすく、そもそも運動しずらいです。

運動は腸の動きを活発にする働きがあり、運動不足になると腸の働きは鈍くなります。

そのため便秘になりやすくなるのですが、お腹が出てくる妊娠後期にはさらに運動不足になるため注意が必要です。

子宮が大きくなる

妊娠中は妊娠週数が進むにつれて子宮が大きくなります。

子宮が大きくなると胃や腸などの消化器官を圧迫し、便通を悪くするため便秘になりやすいです。

子宮が最も大きくなる妊娠後期には消化器官がさらに圧迫されるため酷い便秘になりやすいので注意しましょう。

妊娠中の便秘薬の使用について

妊娠中は上記のように様々な原因から便秘になりやすい状況にあります。

そこでいつものように便秘薬を使ってスッキリしたいとところです。

しかし赤ちゃんへの影響や妊娠の周期によっては便秘薬の使用をやめた方がいいケースもあります。

特に妊娠初期は主要器官が形成される重要な時期なので、母親の腸に刺激を与えるのは良くないでしょう。

理想は食生活、生活習慣、運動などで自然に便秘を改善したいところですが、便秘薬を使用するなら産婦人科の医師に相談してから使用するようにしましょう。

市販の便秘薬も多数売られていますが、自己判断で市販の便秘薬を飲むことはやめましょう。

市販の便秘薬によっては妊娠に悪影響を及ぼす薬もあるので便秘薬飲むなら医師に相談して医師から処方された便秘薬を飲むようにしてください。

オリゴ糖で便秘解消
運動や生活習慣の改善はもちろんの事、平行して便秘改善にサポートしてくれる食品を摂取していきましょう。