赤ちゃんと便秘の関係

赤ちゃんの便秘の原因

便秘は大人ばかりなっているイメージがありますが、赤ちゃんも便秘になります。一概には言えないものの、3日以上出ない時は便秘を疑ってください。

赤ちゃんは母乳やミルクしか飲んでおらず、固形物を食べていませんが善玉菌と悪玉菌が腸内に存在するため、このバランスを崩すと便秘になります。

具体的な原因として

  • 母乳不足(水分不足)
  • 食事
  • 運動不足

などが赤ちゃんの便秘の原因です。

また母乳から粉ミルクに変えた場合には母乳よりも粉ミルクは消化が悪いため便秘になることがよくあります。

できるだけ母乳に近い粉ミルクを選ぶことがおすすめです。

母乳の質は母親の食事内容によって変化するため、母親の食生活も改善していく必要があります。

赤ちゃんも大人と同じように早め早めに便秘対策しておかないと慢性的な便秘になってしまうので注意しましょう。

また赤ちゃんの時に便秘になったりなりやすい傾向にあると、大人になっても便秘になりやすい体質になりやすくなってしまいます。

そのため赤ちゃんの時にきちんと便秘解消してあげる事は非常に大切なことです。

赤ちゃんの便秘対策

赤ちゃんの便秘対策は主に食事や飲み物で対策していくことになります。

大人のように何でも食べたり飲んだりできるわけではないので食べ物や飲み物にも工夫が必要になります。

食物繊維の多い食材や果物が理想的で、バナナ・サツマイモ・リンゴ・かぼちゃといった食材がおすすめです。

赤ちゃんは固形物は食べれませんのですりおろしたりペースト状にしたり工夫しながら離乳食に取り入れてあげましょう。

またヨーグルトも離乳食として与えられますので、ヨーグルトの中にすりおろしたリンゴやバナナなんかを入れて食べさせてあげると便秘に効果的です。

便秘に効果的なオリゴ糖の粉末も売られているので、離乳食に適量混ぜて与えてあげるのも便秘に効果的です。

水分不足によって赤ちゃんは便秘になりやすい傾向があるため母乳やミルク以外にも麦茶や白湯などで適度に水分補給してあげましょう。

母親の腸内細菌を受け継ぐ

赤ちゃんは生まれてくる時に産道を通りますが、産道を通ってくる時に母親の腸内細菌をもらって生まれてきます。

そのため知らず知らずのうちに将来の健康や寿命が決まってくる部分があるのです。

しかしながら母親から受け継いだ腸内細菌は日々の食生活によって変えることができます。

子供の健康や寿命までもを左右してしまうのが母親の腸内細菌の状態です。

子供に影響を与えるため母親もしっかりと便秘対策をする必要があるということです。

オリゴ糖で便秘解消
運動や生活習慣の改善はもちろんの事、平行して便秘改善にサポートしてくれる食品を摂取していきましょう。