運動不足による便秘

人間の体は健康を維持するためには運動は欠かせません。運動不足は便秘以外にも様々な病気引き起こす原因ともなっています。

まず便秘と運動には一見あまり関係がないように思えますが腸がある骨格を支えているのは腹筋です。

そのため腹筋が運動不足によって衰えていると腸の位置が定まらず、排便の際に腹筋を使った押し出す力が弱く蠕動運動を逃しやすくなります。

女性は特に便秘の人も多く、運動不足な人も多いため腹筋が弱く蠕動運動を逃して便秘になりやすい傾向にあります。

また筋力だけではなく運動には腸を揺らすことによって腸に刺激を与えて腸を活発にする働きもあるため便秘解消には運動も食事同様に大切になってきます。

押し出す力をつける

1日に数回来る蠕動運動を逃さないように心がけていても押し出す力が無ければスムーズに排便することができません。

上記でも紹介しましたが、女性は便意を逃しやすい1つの原因に押し出す力が弱すぎるというのがあります。

押し出す力とは主に腹筋です。腹筋を鍛えて押し出す力を強化して便意を逃さないようにしましょう。

また腸周りの筋肉である腸腰筋を鍛えることも大切で、腸腰筋は体の奥にあるインナーマッスルです。

腸腰筋は足の上げ下げや、歩幅を大きくして早く歩くことによって鍛えられる筋肉です。

簡単な腸腰筋の鍛え方

腸腰筋の簡単な鍛え方を紹介します。

  1. 椅子に座って背筋を伸ばして両手を椅子の座面を掴む
  2. その状態で足踏みをする
  3. 1日10回3セット行う

より効果的に行うためには足踏みをする際に太ももをより胸に引き上げるイメージで行うといいでしょう。

この腸腰筋を鍛える運動は割と手軽に行うことができると思いますので、空いた時間やトイレの時などに時間があれば実践していきましょう。

運動は自律神経を整えストレス解消に繋がる

運動には自律神経、特に腸の動きを活発にする効果がある副交感神経を高め、腸の動きを正常にしストレス解消効果もあります。

近年ストレスを溜め込んで自律神経やホルモンバランスを崩して様々な病気になっている人が多くいます。

そうならないためにも適度な運動は必要です。適度な運動は精神的な部分をリラックスさせ、心を落ち着かせやる気を生み出します。

オリゴ糖で便秘解消
運動や生活習慣の改善はもちろんの事、平行して便秘改善にサポートしてくれる食品を摂取していきましょう。