不規則な生活習慣は便秘の原因に

便秘を解消するためには日々の日常生活を健康的に生活するということは非常に大切です。

不規則な生活習慣や食生活は便秘に限らず人間の体に悪影響で様々な病気を引き起こしてしまいます。

便秘を解消するためには1日3食きちんと食べ、夜更かしや夜食を控え、適度に運動を行い、ストレスを溜めずに規則正しい生活を行うことが大切です。

朝の大蠕動を逃さない

蠕動運動とは結腸で起こる腸の収縮運動で、蠕動運動が起こると便意を感じ排便に繋がります。

蠕動運動は1日3回~4回起こると言われており、食べ物や水分を取ることがきっかけで起こりますが、この蠕動運動が起こりやすいのが朝なのです。

規則正しい生活習慣を行い朝に起こる蠕動運動を見逃さないようにすることは便秘を改善する上で大切なことになります。

最近の人は朝食を食べない人も多く、蠕動運動を逃している人も多いです。

水分を取るだけでも蠕動運動が起こる可能性はありますが、水分だけでは蠕動運動を起こすには不十分なためしっかりと朝食を食べましょう。

また不規則な生活をしている人はそもそも朝起きていないという人も多いでしょう。

こんな生活習慣がある人は注意が必要

  • 朝食を食べない
  • 朝の便意を我慢してしまいがち、もしくは朝のトイレの時間がない
  • ストレスをため込んでしまう
  • 睡眠不足
  • 不健康な食生活

以上のような生活習慣がある人は便秘になりやすいため少しずつ生活習慣を見直す必要があります。

朝食を食べない

朝食を食べないと朝の蠕動運動が起こりにくいため朝食をしっかりと食べるというのは大切になります。

朝の朝食が腸に刺激を与えて腸の動きを活発にするスイッチとなっています。

朝の便意を我慢してしまいがち、もしくは朝のトイレの時間がない

朝便意を感じながらも仕事に間に合わないなどの理由で便意を我慢してしまう人が少なくありません。

せっかくの1日数回しかない蠕動運動が起こっているのに便意を我慢してしまうと徐々に便意を感じにくくなり便秘になってしまうので注意が必要です。

ストレスをため込んでしまう

ストレスがあると交感神経の緊張状態が続き、腸の働きが低下するため便秘へと繋がっていきます。

また冷えも体にとってはストレスなため、体を冷えから守るようにしていきましょう。

そもそもストレスは様々な病気を引き起こすためストレスはため込まず発散するようにしていきましょう。

睡眠不足

便が作られるのは夜眠っている時です。

そのため正常な便を作るためにはそれなりの睡眠時間が必要になります。

睡眠不足は自律神経が乱れ、ストレスをため込んでしまうことにも繋がるためしっかりと睡眠を取るようにしましょう。

不健康な食生活

不健康な食生活は便秘に限らず生活習慣病など様々な病気の引き金になります。

腸のリズムを整えるような食生活を取り入れることが便秘の改善には大切です。

食物繊維、オリゴ糖、水分、発酵食品、オリーブオイル、マグネシウムなどが便秘に効果的な食べ物を代表です。

これらを適度に食生活に取り入れることで排便がスムーズになります。

オリゴ糖で便秘解消
運動や生活習慣の改善はもちろんの事、平行して便秘改善にサポートしてくれる食品を摂取していきましょう。