乳酸菌不足による便秘

発酵食品が便秘に効果があることはほとんどの人が知っていることだとは思いますが、それは発酵食品に乳酸菌が多く含まれているからです。

日本を代表する発酵商品と言えばヨーグルトや納豆、漬物、みそなどがあります。

近年日本人は世界の影響を受けて肉を良く食べるようになったため発酵食品を食べない傾向になりました。

そのため乳酸菌が不足している日本人が増えて便秘の人が増えていると考えられます。

まずは便秘に対して乳酸菌がどのような働きをしているのかを確認していきましょう。

善玉菌を増やすために乳酸菌

私たちの腸内には体にとって良い働きをする善玉菌と、悪い働きをする悪玉菌、その時々で優勢な方の働きをする日和見菌と呼ばれる細菌がいます。

それら全てをまとめて腸内フローラと呼ばれていますが、腸にとっていい働きをする善玉菌を優勢にすることが便秘解消に繋がります。

善玉菌の数を優勢にするためにはプロバイオティクスと呼ばれる、口から取って腸内の善玉菌を増やし健康をもたらす生きた微生物を摂取していくことが大切になります。

その代表的なものが乳酸菌です。乳酸菌には整腸作用の他、発がんリスクの低減、免疫力の強化、ピロリ菌の抑制などの効果もあります。

まず便秘解消するためには善玉菌を増やす乳酸菌を摂取していくことが大事で、安価なヨーグルトや納豆がおすすめです。

乳酸菌不足による体への影響

乳酸菌不足によって善玉菌優勢ではなく悪玉菌優勢になりやすく、悪玉菌優勢になることによって便秘の他にも様々な体への影響が出てきます。

  • 口臭・体臭・オナラ
  • 免疫力の低下
  • 肌荒れ・むくみ
  • 消化機能の低下
  • 腸の蠕動運動が鈍くなる

腸内が腐敗することによって有害物質が出るため、口臭やオナラ、体臭に影響をもたらすことになります。

そして免疫力の低下です。体中の免疫細胞の約70%が腸に集まっているため腸内環境の悪化は免疫力が低下し、風邪などの病気にかかりやすくなります。

また腸内に溜まった老廃物が次第に有害物質となり血流から肌へ溶けだし、肌荒れやむくみを引き起こしやすくなります。

乳酸菌には消化吸収を助ける働きがあり、悪玉菌が優勢になると食べたものがうまく消化できない状態になります。

そのため肥満の原因にもなり、アレルギーや老化の原因となります。

最後に乳酸菌には蠕動運動を活発にさせる働きがあり、乳酸菌不足になると便意を感じにくくなり便秘へと繋がっていきます。

乳酸菌は病気の予防もしている

乳酸菌が作り出す乳酸は腸を刺激して溜まった便を出すだけではなく、腸内を酸性に保ちウイルスや病原菌の増殖を防ぎ病気の原因を攻撃するリンパ球や抗体をも作り出しています。

そのため体外から入ってくる病気や体内で発生する病気を予防することに繋がっています。

日頃から乳酸菌を摂取する習慣をつける

善玉菌優勢の腸内環境を作っていくためには日頃から乳酸菌を摂取する習慣が大切です。

毎朝朝食の中にヨーグルトや納豆などを取り入れることを意識してみたり、食事を取る時間がない人は乳酸菌サプリを使ってみることなどを習慣にすることが大切です。

便秘解消は毎日の生活習慣や食生活が大部分を占めるため、コツコツ努力していくことが便秘解消に繋がります。

オリゴ糖で便秘解消
運動や生活習慣の改善はもちろんの事、平行して便秘改善にサポートしてくれる食品を摂取していきましょう。