ダイエットが原因の便秘

ダイエットと便秘は密接に関係していることは大体の人が分かると思います。

ダイエットでまず行うことは食事制限やカロリー制限などの食べ物に関することが多く、食べたものを外に出す排便に大きく影響してくるからです。

ダイエットによってバランスの悪い食生活を送っていると便秘になりやすくなるのは当然です。

しかしながらダイエットしながら便秘を解消することは可能なので、正しいダイエット方法や食生活を学んでいく必要があります。

食事制限について

上記でも少し触れましたがダイエットによる食事制限は体重を減らすという意味ではもちろん効果があります。

しかし便秘を引き起こしてしまうようなダイエットを行っていた場合には、腸内に便が溜まっている状況のため体に悪影響ですし逆に太ってしまう原因となります。

食事制限ダイエットが便秘の原因となるのは主に便の量が少なすぎる、水分が足りていない、食物繊維が足りないことが大半です。

便を作るにはそれなりの食べ物を摂取する必要がありますが、食事制限によって量が足りていないことが原因です。

また食べ物には水分や食物繊維が多く含まれているものがありますが、食事制限によってこれらを上手く摂取できていないのが原因です。

炭水化物を抜くダイエットをしている人などは食物繊維の摂取量が大幅に減るというデータもあり、不足している栄養素を補う必要があります。

朝食は絶対に抜かない

朝食を抜くダイエットや、忙しくて朝食を食べない人は多いのではないでしょうか。

朝は蠕動運動が起こりやすく、朝の蠕動運動は水分摂取や食べ物を摂取した際に起こっていきます。

そのため朝食を抜くダイエットをしている人は排便のチャンスを自ら逃してしまっています。

朝は必ず水を飲み、朝食を取るようにしましょう。

ダイエットでの下剤や便秘薬の使用について

便秘の人が下剤や便秘薬を使って排便するのは用法や容量を守れば基本的に問題ありません。

しかし便秘でもない人がダイエット目的で体の中に溜まっている便を出したいがために便秘薬や下剤を使用するのは危険です。

下剤や便秘薬を継続的に使用すると腸が慣れてきて自分で排便する能力がどんどん低下していきます。

また過度な便秘薬や下剤の使用は重大な病気へと発展するため注意が必要です。

まとめ

ダイエット中に便秘になってしまった場合にはそのダイエット方法に問題があるということです。

大抵の原因が食事の問題です。必要な栄養素を必要なだけ摂取できていないということです。

不足している栄養素を積極的に摂取していき、無理があればサプリメントなどで補給していくといいでしょう。

他の原因の場合は生活習慣を改善したり、適度な運動を入れるなどの対策が必要です。

オリゴ糖で便秘解消
運動や生活習慣の改善はもちろんの事、平行して便秘改善にサポートしてくれる食品を摂取していきましょう。